38歳で妊娠。リスクやつわりとか格闘しながらの高齢妊娠生活実践記録

38歳で妊娠。リスクは?つわりとか大変だけどさ。高齢妊娠生活実践中

ママ 妊娠3週目

妊娠3週。症状は?薬やお酒はどうする?体験談あり

更新日:

妊娠3週。症状は?薬やお酒はどうする?

記事後半に我が家の体験談を書いてあります。
もしよかったら参考にしてみてくださいね。

はじめまして赤ちゃん!
これから出産までの280日間
よろしくね!

妊娠0~3週:妊娠1ヶ月:この時ママの症状は?

妊娠3週まではママは自覚症状は無いけれど、
体に違和感や不調を感じるママもいるようですね。

生理が28日周期のママは、
最後の生理が始まった日を
妊娠0週0日として、
そこから約2週間後が排卵日

ここで受精した場合
受精卵は7日~10日くらいで子宮内膜に着床します。
これで妊娠が成立して妊娠3週となります。

ママの症状としては、子宮の大きさは
まだ妊娠前と変わらなくて、
スーパーに売っている卵のMサイズくらいですね。
ただ、熱っぽくなったり、胃腸のムカつきを感じるママもいます。
これがつわり??と思うママもいます。

薬はこれまで飲んでいたやつを飲んでもいいの?

一般的には、妊娠3週ころまでは
これまでに飲んでいた薬は、赤ちゃんへの影響はあまりないといわれています。

赤ちゃんの体の大事な器官がつくられるのは妊娠4週~12週。
この期間に赤ちゃんの体に影響が出るような薬はNGです。

そのうえで、気になったり心配なら3週までのころでも先生に相談しましょう!

大好きなお酒はどうする?

ママだけじゃなくてパパにとっても、大好きなお酒を飲む時間は幸せな時間ですよね!

でもね、世界で一番の宝ともいえる赤ちゃんが、
元気いっぱいに育ってくれることこそが最高の幸せだとは思いませんか?

そのうえで、お酒はどうする?と聞かれたらママはなんて答えますか?
やっぱり控えたほうがいいですよね。
もっといえば禁酒しましょうってことです。

お酒に関してはちょっとだけの量なら大丈夫とか、
これ以下の量なら大丈夫といったような
安全な量というのはありません。

ママが飲んだお酒のアルコールは、最終的には赤ちゃんのところへ行きます。

妊娠3週も含めて、妊娠初期にアルコールをたくさん摂ってしまうと、
赤ちゃんの手足や脳、神経系などの器官をつくる時に異常が出やすくなってしまいます。

さらには妊娠中期や後期の場合は、
赤ちゃんに発達障害や知能障害が起こる確率があがります。
このさい、キッパリとお酒はやめましょう!

妊娠中は葉酸サプリがおすすめ

妊娠中に大切な栄養素に葉酸というものがあります。
葉酸はビタミンB群が集まったもので、
ぐんぐんと成長していくときの赤ちゃんにとっては重要な栄養素です。

特に妊娠初期の赤ちゃんは
神経系が急ピッチで作られますが、
葉酸は赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすという効果があります。

葉酸は、
野菜ではほうれん草やブロッコリー、
果物ではイチゴなどに多く含まれています。
それでも効率よく摂るために
多くのママはサプリも活用しています。

厚生労働省の発表でも、
妊娠中のママは1日400マイクログラム以上の葉酸を摂ることが望ましいとされています。

妊娠がわかったらママもパパも禁煙をスタート!

ママの妊娠がわかったら、
すぐにでも禁煙をスタートしましょう!
もちろんパパもです!

ニコチンが体に入ると、ママの体の血管が細くなって、赤ちゃんにとっても大切な栄養素と酸素が行きにくくなってしまいます。

この頃の我が家の体験談

我が家はタイミング法でなかなか授からなかったので、初めての人工受精に挑戦したのがこの頃。

この時、パパの精子の数が少ないと先生に言われましたが、それでも人工受精できるレベルではあるため実施しました。
ちなみに、以前にパパの方の検査をした時には、運動率や数などは平均的で問題ないと診断されました。
その時は先生からは、問題はないけど、ほんのちょっとだけ、運動率が低いかな。と言われました。

それで、人工受精を実施したあとに、
黄体ホルモン注射を2回やりました。

しかし、結果的に生理がきてしまいダメでした。。
なんだかとても残念で自然と涙が出てきたのを覚えています。
それなりに期待していたので、やっぱり悲しかった。
。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

その後、パパと話し合った結論として、
初心に戻って夜は早めに寝るなど、生活スタイルの本格的な改善を開始。

生理がきてから3日後に、通っているクリニックへ行き 先生に相談。
子宮を診てもらうと、以前の卵子が排卵せずに大きくなったまま残っているとのこと。

その後、8日後くらいの排卵日にクリニックへ再受診。
それでもまだ古い卵子があり、しかも 新しい卵子が育っていないことがわかる。

先生からは、また3日後に来てください。と再受診をすすめられました。

この時、私とパパの予定では、 次のタイミングに合わせて2回目の人工受精に挑戦、
と考えていたけど、古い卵子が残っているし、新しい卵子も育っていないと先生から言われたため、
結論として、今回のタイミングでは 人工受精は実施しないことにしました。

この時点で、私もパパもやれることはなく、
古い卵子が排卵されるのを待つのみとなりました。

それにより、悩んだあけく、
一度クリニックも薬も飲むのを止めることにしました。

そのうえで、
とりあえず排卵は難しいだろうけど、タイミング法?なのかな、
排卵日と予想される日の前後2回、パパと仲良しの時間をつくりました。

それから月日が経ち、
生理予定日なのに生理が来ないことが分かりました。
でも生理が来そうな感じはあるのです。
その後数日間で少量の出血がありました。
でも生理とちょっと違う出血だということはわかりました。

その後、妊娠していることがわかるのですが、
さかのぼって、妊娠3週あたりの我が家の体験談としてはこんな感じで、
泣いたり笑ったりしながら希望を捨てずにやれることを頑張ったっていう感じでした。

-ママ, 妊娠3週目
-, , , , , ,

Copyright© 38歳で妊娠。リスクは?つわりとか大変だけどさ。高齢妊娠生活実践中 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.