38歳で妊娠。リスクやつわりとか格闘しながらの高齢妊娠生活実践記録

38歳で妊娠。リスクは?つわりとか大変だけどさ。高齢妊娠生活実践中

ママ 高齢妊娠について

38歳で妊娠。リスクは?つわりは大変?30歳後半妊娠の高齢妊娠体験談

更新日:


38歳で妊娠。リスクは?つわりは大変?
30歳後半妊娠の高齢妊娠体験談

35才以上の高齢妊娠、高齢初産は今や珍しくありませんが
「高齢妊娠・高齢出産はリスクが高い」といわれると、
やはり不安になってしまいます・・・
高齢出産で起こり得るトラブルを予防してヽ無事出産するために、
具体的にどんなことに注意したらいいのか先生に聞いたことを書きますね。

 

関連記事:産後脱毛を元にもどすには?
関連記事:産後のネガティブな感情と付き合う3つのヒント

関連記事:妊娠便秘解消法:妊娠中に便秘に悩むママへ解消法を伝授

38歳の妊娠は高齢妊娠っていうのはわかるけど、実際は何歳からが高齢妊娠なの?

高齢妊娠(出産)とは、35歳以上年齢で妊娠したことを言います。
ちなみに、高齢出産という言葉は医学用語ではなく、
35歳以上の初産婦さんは、正式には「高齢初産」と呼ばれます。

高齢妊娠(出産)になると赤ちゃんとママにはどんなリスクがある?

35歳を境にいきなりハイリスクになるわけではありませんが
35歳以上の妊婦さんは 25~34歳以下に比べてトラブルが起きるリスクが高くなりがちです。そのため注意が必要と考えられています。

高齢妊娠で2人目以降のお産は、初産に比べるとリスクが低くなると言われていますが、やはり35歳以上の妊娠の場合、2人目でも染色体異常や流産の確率は高くなります。
心配のしすぎはよくないですが、元気な赤ちゃんを産むためにも
高齢妊娠・出産のリスクについて知っておきましょう。

高齢になるほど流産率が上昇

妊娠しても年齢とともに流産率は上昇しますが、
流産は年齢に関係なく起こり得ることです。

そのうえで高齢妊娠でも妊娠12週を過ぎればリスクはかなり低くなります。
妊娠初期の流産のほとんどは受精卵の染色体異常が原因といわれています。

妊婦さんの年齢が上がるにつれて流産率が高くなっていくのは確か。
これはママ自身が胎児のころから持っている卵子細胞が老化していくためです。高齢になるとともに、卵子の質(クオリティー)は年々低下していきます。

海外のデータによれば、
35~39歳の流産率は約20%、
40~44歳 の流産率は約40%という報告があり、
40才以上になると、さらに流産率が高くなることがわかります。

ただ、高齢妊娠かどうかにかかわらず、
すべての年齢における初期流産率は約15%と決して低いものではありません。

流産は年齢を問わずだれにでも起こり得ます。
染色体異常による流産は、残念ですが避けることはできません。
妊婦さん自身に原因があるわけではないので、
自分を責めないようにしましょう。

高齢妊娠でも12週を過ぎて胎盤が完成に近づけば、
年齢を問わず流産のリスクはかなり低くなっていきます。

高齢で不妊治療して妊娠したとしても
経過は自然妊娠とほとんど同じ。
不妊治療を経て妊娠したことで
流産やトラブルが起こりやすくなるとはありません。

自然妊娠した3歳以上の高齢初産婦さんと
同じ妊娠経過をたどると考えて大丈夫です。
ゆったりとした気持ちで妊娠生活も楽しんでくださいね。
ただし、子宮奇形がある場合については切迫流産になりやすいので注意が必要です。

高齢妊娠での産院選びは
トラブル対応が可能かどうかをチェック

高齢妊娠で高血圧や子宮筋腫など、
持病がある人は周産期センターや大学病院など、
もしものときに対応できる施設を選ぶほうがいいでしょう。

持病やリスクがなければ高齢だからと産院を制限されることはありません。
ただし、助産院での出産を希望する場合は主治医と相談しましょう。

高齢妊娠では妊娠高血圧症候群や
妊娠糖尿病のリスクが高まる

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などは高齢になるとリスクが高まります。
生活習眉の見直しをして体調管理に努めましょう。

高齢妊娠で妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になる確率が上がるのは、
加齢とともに血管の弾力性がなくなり、生活習慣病のリスクが高まるためです。

妊娠中は妊娠前よりも循環血流量が増加し、
しかも大きくなり始めた子宮が腎臓を圧迫するようになります。
そのため、これまでとは違う体への負担がかかって、高血圧や糖尿病を発症する引き金となりやすいのです。

生活習慣病は遺伝的な要素が大きいため、近親者に高血圧や糖尿病の人がいる場合は体質を受け継いでいる可能性があります。
人ごとと思わずに、まずは生活習慣を見直すことから始めましょう。
カロリーや塩分のとりすぎに注意して、
栄養バランスのよい食事を心がけましょう。
適正範囲の体重増加を意識して、肥満に注意することでトラブルの予防につながります。

妊娠高血圧症候群は気づかないうちに重症化し、母と子の命にかかわる病気です。
妊娠糖尿病は検査で見つかっでも自覚症状がないのがほとんどですが、
症状が進むと赤ちゃんに影響することがあります。
予防はもちろん、早期発見・早期治療するために健診をきちんと受けましょう。

 

高齢妊娠では
過労やストレスに注意

妊娠中の健康状態は
その人の10年後、20年後の未来図といわれています。
もしも妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になった場合は、リスク因子を持っているということです。
とくに、35歳以上で働いている妊婦さんは役職に就いていることも多く、
オーバーワークになりがちです。

妊娠中は通常よりも体が疲れやすい状態。
過労やストレス、睡眠不足がトラブルの発症に影響することもあるため、
「自分は高齢妊娠だからリスクがゼロではない」という自覚を持ちましょう。
休養を意識し、体調を整えることがおなかの赤ちゃんを守ることにつながります。

高齢妊娠では子宮筋腫や卵巣嚢腫の発見が多くなる

子宮筋腫・卵巣嚢腫なども
高齢になると発見されることが多くなります。
毎回の健診で必ず経過観察をしましょう。

子宮筋腫は3人に1人の女性が持っている良性の腫瘍です。
女性ホルモンのエストロゲンの影響で妊娠16週までに大きくなる傾向にあり、
経腔超音波検査で見つかることが多いです。

筋腫の大きさや位置にもよりますが、
おなかの痛みや張りを感じやすい傾向があり、
筋腫部分の血流が悪くなって壊死(変性)を起こすと、
子宮口が開いて流産を招く心配があります。
高齢妊娠中で子宮筋腫がる場合は健診の回数を増やして、慎重に観察していきましょう。
一方で、卵巣嚢腫は卵巣内にできる良性の腫瘍です。
経腔超音波検査で「卵巣が腫れている」と言われることがありますが、
多くはルテイン嚢胞(黄体嚢胞)と呼ばれるものです。

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの影響で
一時的に大きくなりますが妊娠4ヵ月までには自然に消失するので経過観察するのが一般的です。

ただ、卵巣嚢腫のつけ根部分がねじれる
茎捻転を起こしたときは緊急手術が必要になります。

高齢妊娠では先天的な染色体異常のリスクは高くなる
出生前診断で調べることもできますが
受ける場合は事前にきちんと考えましょう

高齢妊娠では赤ちゃんに染色体異常が現れる確率が高くなります。
これは加齢に伴って卵子の質(クオリティー)が低下するのが原因です。
実は卵子細胞は、ママ自身が胎児の頃から卵巣内にできていて卵子も一緒に年齢を重ねています。

染色体異常の中でも頻度が高いダウン症候群は、
35歳ではおよそ300人~400人に1人で、
40才ではおよそ100人に1人とも言われており高齢とともに確率が高くなっていきます。

お腹の赤ちゃんの染色体異常は、出生前診断で調べることができる

分娩の時に、35歳以上の妊婦を対象とする
母体血胎児染色体検査(NIPT)は、
母体の血液中に含まれる赤ちゃんのDNAを調べる検査法です。
ただ、検査結果はあくまでも染色体異常の確率ということ。

超音波検査で首の後ろに浮腫が見られた場合も、
染色体異常の可能性があるが、
確定されるわけではなくいずれの検査も確定診断には羊水検査が必要になります。

高齢妊娠で出生前診断を希望するは、 羊水検査を受けるかどうか、
それから 、思いがけない結果が出た時にどのように受け止めるかを夫婦で十分に相談してから受けましょう。

高齢妊娠では子宮口が固かったり、陣痛が弱かったりなど
お産に時間がかかりやすいリスクがある

高齢になると子宮口の弾力性が失われ、お産の時に子宮口が開きにくくなりがちです。
これは女性ホルモンやコラーゲン組織が、加齢による影響を受けるためです。

予定日間近に、子宮口が柔らかくなる【熟化】が進まないと
微弱陣痛になりやすく分娩時間が長引く傾向にあります。 

子宮口が固い場合は熟化を促すために
医師が卵膜剥離:子宮口から指を入れ子宮壁から卵膜を剥がす:
を行うこともあります。

また、お産が進んでもなかなか破水しない場合は、
人工的に破膜を行うこともあります。

もしも分娩中に赤ちゃんが苦しくなって心音の低下がみられた時は、
安全のため緊急帝王切開に切り替えます。

お産は体力勝負です。
日頃から体力づくりをしておくと良いで しょう。

高齢妊娠初期に気になるQ&A


高齢妊娠とつわり症状の重さは関係あるのか?

高齢妊娠とつわり症状の重さは関係ありません。
ただ、疲労やストレスがたまるとつわりが重くなる傾向があります。
高齢になるとともに体力は低下していくので、疲れやすく、
ストレスに弱い人はつわりを重く感じることもある。


35歳以上の高齢妊娠だと
胎嚢や心拍の確認が遅くなることはあるのか?


高齢妊娠だからといって妊娠の確定が遅くなることはありません。
通常は超音波で子宮内に胎嚢が確認できるのは妊娠5~6週ごろ。
7週ごろに心拍が確認されると妊娠が確定されます。

関連記事:産後脱毛を元にもどすには?
関連記事:産後のネガティブな感情と付き合う3つのヒント

関連記事:妊娠便秘解消法:妊娠中に便秘に悩むママへ解消法を伝授

 


-ママ, 高齢妊娠について
-, , , , , ,

Copyright© 38歳で妊娠。リスクは?つわりとか大変だけどさ。高齢妊娠生活実践中 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.