キーワード 文化 生活 社会

LRTとは?次世代路面電車で地方再生

投稿日:

LRTとは?次世代路面電車で地方再生

地方再生が言われて久しい。

しかし実際に地方をたずねてみると、
再生どころか問題は深刻化している。

そこで今回は、
LRT:次世代路面電車
を充実させることで地方再生をめざす
富山市の取り組みを紹介します。

悪循環を断ち切る

東京などの大都市では、
公共交通網が機能し町中のにぎわいもある。

しかし地方では、
マイカー利用者の増加で公共交通の利用者が減り、
廃止や減少などが起きている。

マイカーに便利な郊外大型店に人が流れることで、
中心市街地が閑散となってしまう。

ますます公共交通の利用価値はさがってゆく――
という悪循環が起きている。

これを変えていくために、公共交通に手に入れて整備をすることで有効なまちづくりを進められるとの意見がある。
もちろん交通体系だけでなく、魅力的なまちづくりの対策も必要なのは当然。

富山市では2006年にコンパクトシティ計画を実施。

LRT【ライトレールー次世代型路面電車】導入、
パーク・アンド・ライド駐車場の設置、
バスの利便性アップなど、
公共交通を利用した活性化策を展開。

公共交通で街に来る人が増えて、
自動車で市内に来る場合と比べて、
市内での滞在時間が長く、
街で消費する金額も大きくなったとの結果が出ている。

車が都市中心部に入り込むと、
中心市街地は車だらけになる。

通過交通ばかりが増えてしまって歩行者の姿は減ってしまう。
これでは街のにぎわいなど望めなくなってしまう。

さらに、過度に車に依存した生活は、
渋滞や環境問題を引き起こすだけでなく
高齢者の外出機会を少なくし、結果的に不健康なってしまう。

低コストでバリアフリー

問題解決のために欧米で進められてきたのが
『交通まちづくり』。

市民生活のあり方を考え直し、
コンパクトなまちづくりを推進するとともに、
中心市街地では公共交通を優先させ、
人が歩いてくつろげる場を確保する。

そこでは車は郊外を走っても中心地には入れないようにしていく。
その際に、中心的な公共交通として注目されているのがLRT。

鉄道に比べコストが安く、
バリアフリーの超低床車両の導入、
利便性・走行性能が高いのが特徴。

街中を走るので、
再生のシンボルとして利用できるメリットもある。

LRT は1978年にカナダのエドモンドで導入され、
欧米をはじめ、昨今ではアジア、アフリカなど、
この30年間で150を超える新規路線が出来ている。

これに対して日本では、LRTの新規導入富山市だけ。

路面電車は淘汰されてきた交通手段、との考えがある。

のろのろと走る路面電車は、
どうしても車の邪魔になる。

そのため、都市部では、路面電車の代替交通として
地下鉄やバスが利用されてきた。

しかし、海外ではその利便性が見直され、
どんどんとLRTの導入が進められている。

利潤ではなくサービス

LRT導入には莫大な建設費用と採算性が課題と言われる。

しかし実際には駅前広場を整備する費用で作れてしまう。
いわれるほどの莫大な建設費用は必要ないとのこと。

それに海外では、
公共交通には、単体の事業としては
利益を求めない構造となっている。

日本でも、例えばエレベーターや動く歩道をわたるときに
利益が出ないからと言って取りやめることはありません。
図書館にも利潤を求めることもありません。

これらは街のサービスなので、
公共交通も同じように考えられている。

これまでのやり方では、
道路費用や医療費など、
行政支出は増え、
地球環境への影響を考えると、
地方都市の問題はさらに深刻化することが予想される。

どのような“まちづくり”を進めていくのか―
そこには、私たちがどのような生活を望むのかが反映されてゆく

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

いかがだったでしょうか。

路面電車は個人的には大好きです。

いつか富山市に行く機会があったら
ぜひとも活用してみたいものです。

以上、今回は、LRTとは?次世代路面電車で地方再生について紹介させていただきました。

-キーワード, 文化, 生活, 社会
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 4次元ポケット アイタタ速報 , 2018 All Rights Reserved.