キーワード サイエンス 生活 社会 自然

暖房器具の安全確認を!使用前の点検はここを

更新日:

暖房器具の安全確認を!
使用前はここを点検

 

そろそろ暖房器具の準備を始めている方も多いのでは。

そこで今回は暖房器具を使用する前に、
身の回りの器具の安全確認を点検
気になる点があればお早めに修理しておく。

その為の点検ポイントを紹介します。

関連記事:冬の寒さ対策:部屋の窓やドアに使えるグッズ

古い灯油は異常燃焼や本体の故障もまねく
電源コードはコード内の断線を確認すること

石油ストーブ、電気ストーブ、
石油ファンヒーター、ガスファンヒーター
電気こたつなど、
暖房器具の不具合は特に生命に危険がおよぶことが多い

このため点火、消化は正常かどうか、
異音や異臭は無いかなど、
使用前の点検は絶対にかかせない。

特に使い始めから10年近く経過した暖房器具は
機能の低下始めることもあるので
入念に安全確認をと点検を行いたい。

以下、点検のポイントを紹介する

石油ストーブは、
芯の汚れやゴミを掃除して、燃焼筒を正しくセットすること。
芯の汚れ、ゴミは、異臭や燃焼効率の低下を招き、
燃焼筒が正しくセットされていないと、
異常燃焼起こして火災の原因にもなる。

タンク内に古い灯油が残っていたら
新しく入れ替えることも重要。

石油ファンヒーターは、
カートリッジ内をよく確認すること。
灯油は、時間がたつと紫外線や空気中の酸素によって
変質・変色するので、
そのまま使うと異常燃焼起こしてしまい、
一酸化酸素中毒になる恐れもある。

また、芯にガム状の生成物が付着して
消火装置に不具合が生じて消化出来なくなることもある。

春先から残ったポリタンク内の灯油は、
販売店やガソリンスタンドに相談して
廃棄するようにするしましょう。

ガスストーブは、
金網部分(赤熱面)の変形や破損が
器具本体の故障・不完全燃焼や、
一酸化炭素中毒の原因になる。

不具合があれば早めに修理しておきたい。

石油・ガスファンヒーター、
電気こたつ、電気カーペットなどは、
電源コードとプラグの点検がポイントとなる。

スイッチを入れてコードを動かすと
電源が入ったり切れたりすることがあったり、
コード自体が部分的に熱くなるなどは、
線の内側で断線している可能性がある。

電源コード自体に柔軟性がなくなってしまい硬くなっていたり、
コードのカバーがボロボロになっているような事なども、
使用中にショートして発火する恐れがあるので注意。

プラグから出た電源コードの電線がむき出しになったりしていないかを点検し、
コンセント周囲の掃除もしておくことが大切。

電源コードの点検に関連して

 

その1
電源コード繰り返し曲げたりねじったりしない

その2
上から重いもので固定したりドアなどにはさまない

その3
無理に曲げた状態で使用しない

なども使用中の注意点としてあげられる。

さらに暖房器具の使用全般については、

定期的に換気を忘れずに行うこと。

不快な臭い、異常な加熱、使用中に火が消えるなど、
不完全燃焼の兆候が見られた場合は、
ただちに使用をやめて
メーカーや電気ガス事業者に連絡すること。

また、
電気こたつヒーターユニットに
座椅子や座布団、上掛布団などが近づきすぎないように注意する。

外出時、寝る前には必ず暖房器具の電源を切り、
コードは抜くなどの注意を呼びかけたい。

関連記事:冬の寒さ対策:部屋の窓やドアに使えるグッズ

住宅用火災警報器は月1回必ず作動点検を
消火器の耐用年数は大丈夫か

 

毎年、取扱説明書に書いてある使用上の注意に反する取り扱いによって、
実際に事故が起こっているので、
注意事項を守るようにすることが大切。

万が一にそなえて、
全ての住宅に設置が義務づけられている住宅用火災警報器、
初期消火用の家庭用消火器の維持・管理も大事な点検ポイント。

火災警報器はほこりが付着すると、
火災を感知しにくくなるので定期的に
乾いた布で汚れを拭き取るとよい。

台所の警報器についた油煙の汚れは、
食器用洗剤の溶液などに
柔らかい布を浸して、よく絞ってから拭き取るとい良い。

これからの時期は、
月に1回は正常に作動するかテストすることも大切で、
警報音が適正に出るか、電池の使用期限が過ぎていないか
などを確認しておくことが大切。

家庭用消火器は耐用年数や品質保証期間、
容器のふ食、変形をチェックして、
廃棄する場合は取扱説明書に下がって適正に行いましょう。

関連記事:冬の寒さ対策:部屋の窓やドアに使えるグッズ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

いかがだったでしょうか。

わたしもホットカーペットの準備をしたばかりです。

しっかりと点検を行い、重大事故につながらないように気をつけて参りましょう。

以上、今回は、暖房器具の安全確認と使用前の点検ポイントについて紹介させていただきました。

-キーワード, サイエンス, 生活, 社会, 自然
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 4次元ポケット アイタタ速報 , 2018 All Rights Reserved.