キーワード サイエンス 生活 社会

心臓がドキドキ:不整脈?その原因と症状を紹介

投稿日:

心臓がドキドキ:不整脈?その原因と症状を紹介

運動したり、緊張したりすると心臓がドキドキする。
しかしそうではなく、安静にしているのに動悸や息切れがする場合は不整脈の可能性も。

今回は不整脈について紹介します。
関連記事;不整脈の症状と原因および治療法について

心臓のドキドキはリズムの乱れが原因
命にかかわる危険なタイプも

不整脈とは?
自覚症状がない場合も

全身に血液を送り出すポンプの役割をはたしている心臓は、
心筋という筋肉の塊で、
右心房
左心房
右心室
左心室

この大きく4つの部屋に分かれており、この4つが拡張・収縮を一定のリズムで繰り返すことで、
110万回拍動、効率的に全身に血液を送り出している。

IMAG0263

心臓を動かすための電気信号を発信しているのが、
右心房にある、洞結節と呼ばれる場所で、
1分間約60回から70回微弱電気信号を作り出している。

この信号が、刺激伝導系を通り心房の筋肉収縮させ、
さらに心臓中心部にある、房室結節と呼ばれる場所を通って寝室に伝わる。
その結果心房と心室の拡張と収縮が順序良く行われている。

一般的脈拍目安1分間60回から100回
電気信号の伝わり方に何らかの異常が起こり、拍動が早くなったり遅くなったり、乱れたりするのが不整脈

主な症状は、動悸息切れめまい胸部不快感失神などで
自覚症状がなくても命にかかわる危険な不整脈がかくれていることもあるので注意が必要。

徐脈性と頻脈性

不整脈には
脈が遅くなるタイプの徐脈性不整脈
脈が早くなるタイプの頻脈性不整脈とがある。

一般的には、
脈拍が1分間50回以下になると徐脈
脈拍が1分間100回以上になると頻脈という。

徐脈性不整脈の場合、それがただちに命にかかわることは少なく、治療必要としない場合もある。
ちなみに新生児の時には1分間におよそ120回もの拍動があるが、
年をとるにつれて遅くなり、高齢者になると50回以下になることもある。

70歳以上の人の多くに、ある程度の徐脈性不整脈があると言っても過言ではない。
一方、頻脈性不整脈には
心室細動
心房細動
期外収縮
の三つがある。

加齢とともに、高血圧や動脈硬化、メタボリック症候群、
心臓病(心筋症、弁膜症など)、甲状腺の病気があると、
不整脈のリスクが高くなる。

不整脈は種類も多く、それぞれのタイプにあった治療が必要。
原因となる心臓病などの治療を行い、それでも不整脈がある場合は不整脈薬を使用するのが基本。

薬物療法はあくまで対症療法となる。また、医師の処方どおりに服薬しないと合併症の恐れもあるので注意が必要。

不整脈は心電図を調べることで確認ができるが、健康診断などをかかさないようにすること。
不整脈の検査によって他の疾患が見つかる場合もあるので、気になる人は一度専門医の診断を受けてみる事が大切。

ペースメーカーによる治療

徐脈性不整脈は、基本的には恐れる事は無いが、ただし脳に届く血液が少なくなりすぎると意識を失うこともある。
心配しすぎず、油断はしない
これが不整脈に対する基本的な考え方。

徐脈の原因としては、加齢や動脈硬化が主なもの。
だが、甲状腺の病気や、頻脈対する薬の副作用の場合もある。

血液の循環が悪くなるので、体がだるくなったり、むくんだりすることが多い。
失神を起こしたり、息切れなどで日常生活に支障をきたす時には治療が必要。
こうした場合、薬で安全に脈を早くする方法ないために 、体内にペースメーカーを入れる必要がある。

電気信号を発信し、徐脈脈を改善するペースメーカーは、重さ約20グラム前後で、手術は1時間から2時間程度で終わる。
点検ため、定期的に受診が必要になるが 、症状は大きく改善できる。
当然、激しい運動は避けるようにすること。また、IH炊飯器、IH調理器、車のスマートキーなど、電磁波の影響にも注意が必要だ。

関連記事;不整脈の症状と原因および治療法について

それでは、頻脈性不整脈でのべた
3つの症状について説明します

心室細動
心室細動はICDによる治療も

日本では1年間に、心臓突然死される方が約70万人もいる。
その半数以上が脈が速くなる、心室細動、心室頻拍によるものだと言われている。

心室細動は、心室内で不規則な電気信号が発生し、心室が痙攣したような状態のこと。
これが起こると、数秒ほどで意識がなくなり、全身に痙攣が起こり始める。
数分間で脳死の状態になってしまうと言われている。
周囲の人が気づいたら、すぐに心臓マッサージをおこない、AEDを使用する。

心室細動は、心筋梗塞や肥大型心筋症、狭心症などが原因となって起こることがほとんど。
基礎疾患がないのに心室細動が起こる、特発性心室細動もある。

再発を予防するためには ICD:埋め込み型除細動器:による治療が必要。
これは、ペースメーカーと同様に身体に埋め込み、電気ショックで拍動を正常に戻すというもの。
その他一時的な治療法として着用するタイプのものもある。

心房細動
心房細動は脳梗塞の大きなリスクが

一方、心房が痙攣するように震えるのが、心房細動。
心房に血液が停滞して血栓ができやすくなる。

血栓が剥がれ脳の血管に詰まると、脳梗塞を発症してしまう。
脳梗塞は、死に至らなくても重い後遺症もたらすことが多く、
心房細動の予防は極めて重要なこと。

主な原因は 加齢や、高血圧、心臓病、甲状腺の病気など。
中心的な治療法は、脳梗塞を防ぐためのワーファリン:抗凝固薬:を用いた薬物治療になる。
また、最近では、カテーテルアブレーションという治療法が用いられている。
これはカテーテルを足の付け根の血管から心臓に通し、不整脈の原因となる部位を、高周波電流で焼灼する手術のこと。

この治療によって、初期の心房細動の約7割から8割は根治できると期待されている。

期外収縮

心電図の検査で最も多く発見されるのが期外収縮。

上室性と心室性とがあり、健康には大きく影響しないケースがほとんど。その場合は、治療も必要としない。

期外収縮の場合、あまり心配すしすぎることはない。

セルフチェックで 異常がないかチェック

不整脈は、心電図を調べることで確認ができるので、
年に一回の健康診断などをかかさないようにしすること。

ただし、不整脈の症状は一定でなく、心電図検査の時に脈の不整が発生発見されるとはかぎらない。

そこで大切なのが、日頃から異常が無いかどうか、自分自身でチェックすること。

最も簡単なのは自分で脈拍を取ること。
親指の付け根の下あたりに、人差し指、中指、薬指の3本をそろえて当てる。
その時あまり強く押さえないように気をつける事。

IMAG0261

1分間で60回から100回、規則正しく脈が打っていれば問題はない。

また、最近は薬局などで携帯型の心電計を購入することもできる。
専門医に相談し使用を検討してみるのもいいと思います。

日本脳卒中協会は、日本不整脈学会とともに、3月9日を脈の日とし、
3月9日からの一週間を、心房細動習慣としている。

この機会に是非、自分の脈を調べてみるのもいかがでしょうか。

関連記事;不整脈の症状と原因および治療法について

今回は桜橋渡辺病院(大阪市北区)の井上耕一内科部長:不整脈科長:のコメントを紹介しました。

-キーワード, サイエンス, 生活, 社会
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 4次元ポケット アイタタ速報 , 2018 All Rights Reserved.